老後も安心して住める家造りを!

バリアフリーの住宅を目指そう

年を取ると若い頃よりも足腰が悪くなってしまい、場合によっては杖や車椅子が必要になるかもしれません。そのときに、家の中で苦労してしまう原因となりやすいのが、玄関やトイレやバスルームなどにある段差です。それらの段差があると、移動自体が難しくなったり転倒の危険性があったりするので、快適な老後を考えるのならバリアフリーの住宅を建てましょう。もちろん、注文住宅ならいろいろな希望を叶えてくれるため、バリアフリーにもしっかりと対応してくれます。どこをどのようにバリアフリーにしてよいのか分からないのなら、スタッフに相談をしましょう。老後のことを考えていると伝えれば、足腰が悪くなってからでも快適な住まいを作ってくれます。

土地選びから相談しよう

老後も安心して暮らせる家造りを望むなら、建物だけではなく、土地を考えることも重要になります。いくら家の内部が優れていたとしても、周囲の環境が不便なのでは過ごしやすいとはいえません。バスや地下鉄などの公共交通機関や周囲の商業施設など、老後にとって必要な要素はたくさんあるので、しっかりと考えた上で土地を選びましょう。なお、現在では土地探しにも対応する注文住宅の建築会社がたくさんあるため、そちらにお願いすることが可能です。建築会社のスタッフに周辺環境が整っている土地を数多く探してもらって、老後でも住みやすいところを選定しましょう。土地選びが終わったのなら、あとは老後でも暮らしやすい家造りを行ってもらうだけです。

新築一戸建てをできるだけ安く建てたいなら、注文住宅よりも安価な企画住宅がお勧めです。注文住宅ほどの自由度はありませんが、ある程度自分好みにアレンジすることが可能です。